ホーム > 盆提灯(3)

盆提灯(3)

23.葬儀に使用した提灯があるのですが、盆にも使ってよいか

特別に葬儀用、盆用としての明確な区分やきまりはない。全ての提灯は、盆にも葬儀にも広く使われている。

24.一番良く売れている商品の価格は

各地方によってかなり違うが、1ケ1~3万円位が売れ筋商品である。

25.折れたり、破れたりした時に修理してもらえますか

原則として修理できない。
火袋の破れは、修理および張替えはできませんのでこの場合は、火袋交換となります。(火袋の色・絵柄等が、異なる場合があります)
足・手・柱・三角等が折れた場合は、部品交換となります。
(若干の色違い等が生じる場合があります)

26.老人でも提灯の組立は可能か

説明書通りに行えば老人でも簡単に組立られます。

27.回転はどうして廻るのですか、よく廻らない時はどうしたら良いか

上昇気流によって廻る。
よく廻らない時は、ほとんど風車を支える針が傾いている場合が多いので、垂直にして下さい。又、風車が傾いて電球に触れたりしていると廻らないので、風車もまっすぐに立てて下さい。
尚、風車が電球に触れていますと、熱により風車が変形し火災になる恐れがありますので、ご注意お願いします。

28.提灯にローソクを灯してもよいか

提灯は火災防止のため、ローソクは使用しないで下さい。
又、お墓・玄関等で電気のコンセントが無い場所等のために別売にて電池式ローソク灯を販売していますので、ご用命下さい。

29.昨年主人を亡くし今年初盆ですが、提灯は自分が買って飾るのですか

お迎え提灯は自分、その他の提灯は親族から。

30.白の房のついている提灯がありますが、初盆用で来年以降使えないのですか

初盆用には白の房、盆には他の色の房という区別はありません。
現在は、白・金・銀・緑等の房があり、提灯の生地および火袋の絵柄等に合わせて使い分けています。

31.提灯に男用、女用の区別はあるのですか

区別なく男女兼用です。

32.子供の初盆ですが、子供用の盆提灯はありますか

盆提灯は全ての人を対象にしていますので、大人用・子供用の区別はありません。

33.水子を提灯で供養したいとおもいますが、よろしいですか

提灯は先祖供養のために飾りますが、先祖は全ての死者を対象としていますので、水子の霊を供養し自分を反省することは、大変美しくすばらしいことです。

34.家紋についての説明

家の象徴として生まれ、長い歴史を経て来た家紋は、戦後の家族制度の崩壊、核家族化への移行にもかかわらず、複古ブームにのって静かなブームになってきていて、衣服・鎧・兜・刀剣・瓦・石碑・仏具・家庭調度品・船舶の帆・お墓・のれん等、多方面に用いられ最近では、三月・五月の節句用品・盆提灯にも多く用いられるようになってきている。

展示場のご案内