ホーム > 破魔弓・羽子板

破魔弓・羽子板

1. 羽子板・破魔弓とは?

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月を「初正月」といいます。
わが国では古くからの初正月を祝って、赤ちゃんの祖父母・おじ・おば・お仲人・親しい友人などが、女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈るという美しい習慣があります。

2.羽子板の由来

正月の羽根つき遊びは室町時代から行われました。単なる遊びではなく正月を祝う心もあったからでしょう。当時、羽子板を胡鬼板(こぎいた)ともいい、羽根を胡鬼子ともいいました。
昔の羽根も今日の羽根とだいたい変わらないようです。
羽子板には初めは絵具で左義長(正月が終って門松などを焼く宮中の行事)を描いていましたが、江戸時代から歌舞伎の俳優を押絵で作って板にはったものが流行し、年の暮れの羽子板市は大変な賑わいだったようです。
大正時代の頃から、焼ゴテで板に線を描いて彩色した焼き絵羽子板や、絹を張ってそれに絵を描く絹絵羽子板など新しい形のものも生まれてきました。

3.羽子板はなぜ女の子のお守りなの?

お正月の羽根突きは、江戸の昔から女の子の遊びです。そしてこの羽子板は、赤ちゃんの無病息災のお守りの意味も持っているのです。
羽子板で突く羽根の玉、その黒くて堅い玉は"むくろじ"という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。すなわち「こどもが患わない」という意味を含んでいるとも考えられるでしょう。
また昔は羽根の形をトンボに見立てて、トンボが蚊を食べる益虫であることから、お正月に羽根を突くと、夏になっても蚊に食われることがないと、長い間信じられてきました。こうして羽子板は、遠い昔から子どもの無事を願うあたたかい親心がこめられているのです。

4.羽子板の寸法

昔の羽子板は、尺・寸で大きさを表していましたが、現在はメートル法の施行により号数で大きさを表しています。(一尺が約33cm、これを11号として基準にしています)

6号(約18cm) 13号(約39cm) 18号(約54cm)
8号(約24cm) 14号(約42cm) 20号(約60cm)
10号(約30cm) 15号(約45cm) 23号(約69cm)
11号(約33cm) 16号(約48cm) 25号(約75cm)
12号(約36cm) 17号(約51cm) 30号(約90cm)

5.羽子板の種類

  1. 押絵羽子板
    桐板の上に押絵細工で作った図柄を取付た羽子板。綿を布でくるんだ50-60の細分化されたピースを組付けて図柄が作られています。
  2. プレス羽子板
    押絵の代わりに、金襴などの布地を張付けたボールをわん曲させたピースを組立て図柄を作り、押絵に似せた仕上げにしている。
  3. 焼絵羽子板
    板の上に焼き鏝で直接絵を描き、彩色した羽子板。
  4. 描絵羽子板
    板の上に直接絵を描いたり、プリントした絵を付けた羽子板。

6.図柄による分類

  1. 狂言物
    歌舞伎や能狂言を題材にした図柄の羽子板。
    (弁慶・め組・石橋・連獅子などが代表的)
  2. 舞踊物
    娘姿の羽子板を総称していうもので、道成寺・汐汲・藤娘・浅妻・禿・春駒などがある。
  3. 見立て
    伊藤深水、鏑木清隆、上村松園などの日本画の美人画からとった図柄の羽子板。細い目の面相を称していうこともあります。

7.破魔弓はなぜ男の子のお守りなの?

呼んで字のごとく、破魔弓はずばり魔除け、厄払いのお守りです。
弓の的を昔はハマといいました。破魔弓はこのハマに漢字を当てはめたものです。同じようなものに神社の破魔矢や、棟上げの際屋根に立てる破魔矢があります。これらはいずれも弓矢の持つ霊の力を信じることから生まれた習慣です。

8.破魔弓の寸法

一般的には弓の長さで号数表示されていますが、中にはケース寸法で表示している場合もあります。(号数は羽子板と同じ、一寸約3cm/尺一寸約33cmを基準にしています)

9.なぜお正月に関係があるの?

羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのがのちに破魔弓となり、また、女の子がお正月に羽根を突いて、その年の厄払いをしたのがのちに美しい羽子板を生みだしたのです。

10.羽子板や破魔弓はいつからいつまで飾るのでしょうか?

十二月の中旬以降に飾り付けたらよいでしょう。そしてお正月には、贈って頂いた方々を招いて、ご家庭でおもてなしするのもよい方法です。もちろん当日の主役は赤ちゃんです。
しまうのは一月十五日頃がよいでしょう。それはちょうどこの頃、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう・どんど焼きのこと)の行事が行われるからです。江戸時代には、宮中の左義長風景を描いた極彩色の左義長羽子板との密接な関係を物語っているものといえるでしょう。
なおこれらは、もちろんお正月だけでなく、雛人形や五月人形の脇飾りとして飾ってもよいでしょう。

11.お節句の意義 -節目を大切に-

お正月飾り、三月五月のお節句飾り、そして七五三…どれも、子どもが無事に成長し、立派なおとなにそだつようにという人生の節目を祝うお祭りです。
竹が、節目を持ちながら強く成長するように、人生の節目々々を祝うのは古くからの日本のしきたりです。たとえ贅沢なことはしなくても、ぜひ心をこめて、各ご家庭でお祝いをしてあげて下さい。

以上の見解は一般的なものですが、全国にはさまざまな風俗習慣があり、父方と母方とでは、考え方の相違もあることでしょう。しかし要は気持ちの問題、可愛いお子様のためによく話し合い最良の方法で明るく楽しくお節句をお祝い下さい。

展示場のご案内