ホーム > ひな人形

ひな人形

1.上巳(じょうし)の節句・ひな祭りとは?

女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるひなの節句を初節句といいます。
三月三日のひな祭りがこの日にあたり、正しくは上巳(じょうし・じょうみ)の節句といいます。それは三月の初めの巳の日という意味ですが、のち三日に定まり、また、ちょうど桃の節句という美しいなで親しまれています。桃も昔から邪を祓う霊木とされています。

2.なぜ雛人形を飾るのでしょうか?

人形(ひとがた)あるいは、形代(かたしろ)と呼ぶ草木あるいは紙やわらで作った素朴な人形に、自分の災厄を移して海や川に流した祓いの行事と、平安時代に始まるお人形遊び(ひいな遊び)とが、長い間に結びついたのが、現在の「ひなまつり」です。
ですから、雛人形には、生まれた子どもが健やかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められています。つまり、雛人形をその子の形代と考えて、どうぞ災いがふりかかりませんように、また、美しく成長して良い結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようにという、あたたかい思いを込めて飾るのです。

3.雛人形は、誰が買うのでしょうか?

古くはお嫁入り道具として婚家へ持参したものでした。従って、母方の実家から贈る例が多いようです。しかし現在では、可愛い子どものためにと両家で話合い、費用を折半することも多くなりました。お仲人・親戚・親しい友人などからは、ケース入りのわらべ人形や舞踊人形、市松人形、木目込人形など、ひな壇に飾り添える華やかな人形を贈るのが一般的です。

4.雛人形はいつからいつまで飾るのでしょうか?

立春過ぎから二月の中旬、遅くともお節句の一週間前までには飾って、その日を楽しみに待ちましょう。また片づけは、季節の節目という本来の意味からもなるべく早めに、遅くとも三月中旬までに済ませ、お天気の良い乾燥した日を選びます。
なお何かの事情で人形を保存できなくなった場合は、全国各地の神社・社寺等で行っている人形供養(人形感謝祭)に持参し、若干の供養料を添えて納めるのがよいでしょう。

5.次女・三女が生まれたらどうしたらよいのでしょうか?

雛人形はその子どもの成長と幸福を祈るものですから、基本的には一人一人の人形と考えられます。出来れば次女、三女にも、それぞれの雛を用意したいものです。しかし、それが無理な場合は、それぞれ何かその子の記念になるような人形を買い求めてあげて、雛壇に一緒に飾ってあげるのがよい方法でしょう。

6.お祝いへのお返しの方法と、初節句の祝い方は?

お仲人、親戚、知人などからお祝いを頂いたら、子どもの名前で内祝いとしてお返しをします。お礼状に、お赤飯やおめでたいお菓子を添えるのが本来のかたちです。赤ちゃんのスナップ写真をそえるのもよいでしょう。ただし、お祝いを頂いた方を雛の宴にお招きする場合は、それがお返しの代わりとなります。
お招きするのはお節句当日か、その前夜(宵節句といいます)がよいでしょう。
両家の祖父母を初め、親戚、そして普段親しくしている人などをお呼びします。
招かれた側では、すでにお祝いを贈っていれば何も持って行く必要はありませんが、たとえば桃など、季節の花を持参するのは、奥ゆかしい心づかいといえるでしょう。

7.人形の保存法

雛人形を長持ちさせ、毎年雛祭りにきれいな雛人形を飾って楽しむには下記の保存方法が重要です。

  1. 人形を大切にし、愛情をもって扱いましょう
  2. 人形には湿気が一番の大敵、湿度が高過ぎると顔や衣裳にカビがつき、顔に黒いシミがついたり、衣裳が変色してしまいます
  3. 乾燥しすぎると顔にヒビが入ったりして大切な人形が台無しになりかねません。とくに飾っているときに直射日光が当ると変色の大きな原因となるので、これは絶対に避けて下さい。また、エアコン等の暖房も大敵で、人形に直接風が当らない場所に飾るようにして下さい
  4. ホコリやゴミが人形の顔や衣裳につくと、顔がくもったり、衣裳が褪色したりします。人形をしまうときは、毛バタキ等で十分にホコリ、ゴミを落として下さい
  5. 柔らかい紙で頭を軽く包んで、汚れたり傷をつけないようにします。このとき人形の顔に手や指が触れると脂がうつり、シミや汚れの原因になるので特に注意は必要です
  6. 箱の中に人形を納めるときには、人形が箱の中で動いたりぶつかり合わないように白紙等を詰めて下さい
  7. 防虫剤は人形専用を必ず使用して下さい。人形保存用として最も適したナフタリン製剤のタイプでも、パラジクロベンゼン製剤、しょうのう製剤と併用した場合には、プラスチックと反応してプラスチックを溶かしてしまったり、油性のシミが付着する可能性があります。混用した場合はもちろんのこと、前回に使用した別系統の防虫剤の臭気が残っていた場合には、それだけで反応してしまうこともあります。毎年同じ種類の防虫剤を使用することが、トラブルを防ぐ最短の道です
  8. 箱に収納した人形は湿気のとどきにくい押入れの上段や天袋などの高い場所にしまいます。そして、年に一度、十月頃のよく晴れた日にカラッとした風にあてて虫干しをして下さい

※ 人形の保存には上記の注意等が必要ですが、気象条件・保管状態その他条件により人形の状態が悪くなる場合がありますので、十分注意して下さい。

以上の見解は一般的なものですが、全国にはさまざまな風俗習慣があり、父方と母方とでは、考え方の相違もあることでしょう。しかし要は気持ちの問題、可愛いお子様のためによく話し合い最良の方法で明るく楽しくお節句をお祝い下さい。

展示場のご案内